久しぶりの更新です
チェックしてくださってる皆さん、申し訳ないです
もう少し、更新していこうと思います


さて本題・・・
歯周病・歯石・口臭の相談を受けることは多いのですが、
意外と乳歯のチェックってされてないことが多いです。


子犬・子猫の時に乳歯から永久歯に生え変わってるの、
知ってますか?


乳歯は抜けても飲み込んでしまうことが多いので
意外と気付かれないんです👀


ネコちゃんや中型~大型犬は
きちんと生え変わるのですが、
小型犬の中には乳歯が残ったまま
永久歯が生えてしまうことがあります。


特に犬歯と前歯(切歯)が残ることが多いです。

spc_191007_001
   赤で囲んでいるのが乳歯です。
   いわゆる「サメ歯」状態です


残ったままだと、歯と歯の隙間がなくなるので
歯垢がたまり、歯石になり、歯周病になるリスクが増えます


永久歯に生え変わる生後6-7カ月で
乳歯が残っていれば抜いたほうがいいです

spc_191007_002
   赤で囲んでいるのが犬歯の乳歯です。


ただ抜歯と言っても、ワンちゃんやネコちゃんの場合は
全身麻酔をかけてします


ちょうど避妊・去勢手術をする時期でもあるので
そのときに抜歯することがほとんどです。


犬歯2~4本、前歯2~3本残っていることが多いのですが、
先日、抜歯したワンちゃんは
犬歯4本・奥歯(臼歯)2本・前歯7本の13本残っていました


私の中では最高記録でした


乳歯が残っていないか
唇をめくってチェックしてみてください👀


どれが乳歯か分からないときは
来院された時にチェックするので聞いてくださいね