昨日、「笑える!泣ける!動物スクープ100連発」という
テレビ番組を見ました


ほとんどのVTRが可愛かったり、面白かったり、
子ネコの成長も分かりやすく解説もあったりで楽しめました

spc_190713_001
   (珍しい3ショット私の家の飼い犬&猫
    左からレビン・ちょび・ニャンタ)

話の1つが
「骨折した足を引きずりながら懸命に子犬を探す母犬の物語」
でした。


森で子犬を出産した犬が町に出て、
エサを求めてゴミをあさっている所を、
1人の女性が保護して動物病院に連れて行ってくれます。


足を骨折していて応急処置をするときに
獣医師が母乳が出ていることに気付きます。


獣医師と保護した女性は母犬が子犬の所に案内してくれると信じて
3kgの道のりを一緒に歩きました。


捨てられた車の中に母犬が入っていくと
後部座席に10匹の子犬たちがいました


母犬も子犬も全て、新しい飼い主さんが決まって
幸せに過ごしていました

spc_190713_002
  (私の家の飼い猫のみーくんと鼻チュ♡のレビン)

と、とても良い話なのですが
骨折している理由がなんとも腹が立つというか
ひっどい話でした。


その国では(どこの国か忘れましたが・・・)
猟犬を猟に連れて行って役に立たなかったら
そのまま捨てていくそうです


猟に行ってはぐれてしまったとかは日本でも聞く話ですが、
何と家に帰って来ないように足を折るそうなんです


も~、あったまに来ますそんな事がなぜできるのか信じられない
そんな奴、猟をする資格もないし、猟犬を飼う資格もない


日本を含め、世界中の動物愛護法がしっかりしたものに
はやくなってほしいものです


ただ、しっかりとした動物保護シェルターがあって、
今回の犬たちの里親がすべて見つかったことは
素晴らしい国ですね